○○魂

毎日すごい試合が見られていいなあW杯。昨日も書いたけど、最終戦はほんとにすごいですね。
強い気持ちを感じます。涙目ぎみのあおおにです。

予想を裏切って、大苦戦がつづくヨーロッパ強豪国。
フランスにつづいてしまうのかと思われたイングランドでしたが、
さすがですね。ここぞというところはきっちり勝利
ゴールは1点しかとれなかったけど、終始押していました。
スロベニアのGKがすごいセーブをしていたから1点だけだったというところでしょうかね。
メディアでもピックアップされていたし、きっと再放送されるだろうけど、
テリーの顔面セーブは、本当にうおーっと思いました。
ゴール前のドタバタシーンで(強豪イングランドでもあるんだとほっとする...
身体投げ出してシュートをセーブした後に、こぼれ球にもう一度身体を投げ出すんだけど、
立ち上がる時間がないので、そのまま頭からボールにむかって飛び込んだ場面です。
恐いよねー、ふつーは。なんで、手を後に隠していたんだろうと思ったら、
ハンドになるかもしれないからだそうです。
すごい...。勝利に対する執念。
テリーって人は、いろいろメディアにたたかれた人だったんで、これで面目躍如ですねって、
解説の人がいっていましたが、きっと、そんなことは頭になかったんじゃないでしょうか?
身体が反応してしまったんですよね。すごいなあ..。感動しました

なんとか1点を守りきって、イングランドは決勝トーナメントへ。
やっぱり、苦しみながらも勝ち上がれるんだから強豪なんだ..と思っていたら、
裏の試合では、なんとアメリカがロスタイムに1点とって勝利するというドラマが有った様子。
しまったー、ザッピングすればよかったー
さすがアメリカ、したたかだねー。
決めたのはドノバン選手。顔がかわいいキュービーみたい(額のあたりも...こりゃ失敬)だけど、
もうベテランなんですね。
たしか、前の試合も、この人のすごい角度のシュートを決めたのがきっかけで、
アメリカが優位になったんじゃなかったけ?
すごいなあ。勝ち抜いていくチームって、必ずこういう人がいますよね。
野球大国アメリカでは、サッカーはマイナーみたいで、なかなか苦しい境遇らしいけど、
(彼の涙がそれを語っていたらしい)
大きな大会には結果を残すってところに強いアメリカを感じますね。
なんか、くやしいような、うらやましいような...。
わが国も、周りをみればやっぱり野球だもんなあ。
いちサッカーファンは、細細がんばらなくては...

日本人は、減ったとはいえ、闘志というかそういう熱い気持ちを全面に出さないで、
心に秘めるのを美しいとするところがあるので、
なんだか物足りないと感じられてしまうかもしれませんが、
今夜はきっとやってくれると信じています。
大和魂じゃー(って、古すぎ?)

買い物へいったら、おやおや?な風景が。
こんなのいつも売っていたっけ?
デンマーク産の豚肉(安い割にはまあまあ)やチーズが売場に並んでいて
お決まりの札がついていました。「デンマークを食べて、日本を応援しよう!」って。
さすがの商魂に、ちょっぴり笑いましたが、
ここは、しっかり乗っかっていくことにします。
頑張れ!ニッポン!

↓青赤仲間!

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

青鬼&赤鬼
FC東京を応援するミーハーコンビ
リンク
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード