やっぱり、勝ちたいです...

日曜からのモヤモヤ感がとれません。なんで、モヤッとをはき出してしまいます。
皆さんのブログを拝見したり、メディアの方の記事を読んだ限りでは、
ドローは順当の意見が大半と見受けます。
私は何の専門知識もないし、戦術やらなんやらはわからない、
ただの「サッカー観るのが大好きだ」な奴ですが、思った通りに書きます。

ホームでドローはダメだと思います。しかもスコアレス。
何がなんでも、1点取りにいかなきゃいけないんじゃないですか?
そりゃ、主力が4人抜けてました。でも、長いシーズンやカップ戦を闘っていくわけだから、
いいわけにはならないでしょう。まして、ACLなんて目指しているのなら、
とんでもない話です。ピッチに立っている11人だけではなく、ベンチの選手、
ベンチ入りできなかった選手全員で闘っていくんじゃないですか?
もちろん、選手だけでなく、監督やコーチやスタッフやチームの全員で闘っていくんでしょ。

メンバーが違えば、同じことができないのは、あたりまえですよ。
それぞれ、得意不得意があるんだから。
日曜日のメンバーは、今年の東京のサッカーをしていくという共通の認識
をもっているなかで、自分のできるプレーをしてくれたと思います。
だからこそ、そのメンバーができる「勝つための」プレーを観たかったです。
中盤がうまくつながらないんなら、ふっとばしてロングボールでもいいんじゃないですか。
幸いにも、ポストプレーができるソウタくんはいたわけだから。
それを拾える選手がいなかったのかもしれないけど...。
セットプレーやフリーキックから1点でもいいじゃないですか。
なんだか、どうしても1点とって勝つんだっていうのが感じられなかったんです。
どうしても失点はしないぞっていうのは、感じられましたけどね。
でも、ここホームですよ。
なんか、いつもアウェイのほうが、思い切りが良いプレーしてるように思えてきました。

サブメンバーの底上げなんていってるけど、そんなに大差あるんでしょうか。
それをうまく使ってあげられない、また、うまく育てられないってのも
あるんじゃないですか?

どうも勝てそうにない相手に、ドローねらいするっていうのはありだと思います。
でも、失礼ながらおとといのマリノスは、勝てない相手ではなかったでしょう。
あれだけ決定機をはずしてくれたし、ここいち雑だし(おたがいさまですが...)。
さすがにボンバー中澤はファールしないで守るのがすごいなと思いました。
そういえば、300試合めだったんですね。試合前にアナウンスしてあげればいいのに。
敵チームでも、そういうのはリスペクトでしょう。
たぶん、そこでブーイングする懐の狭い奴は東京にはいないと思います。
後半、コーナーキックに飛び込まれたときは、目の前だったというのもありますが、
「きゃー」でしたよ。はずれてというか、かすって、よかったー。

なんだか、ぐだぐだになってきてしまいましたが、
もちろん、今目指している「Moving footbool」は観たいです。
でも、ホームで負ける(分けるも含めて)のなら、
ちがう「Footbool」でもいいです。
もっと「勝ち」にこだわってほしいです。
もし、まだ「優勝」を目指しているのならば。

はー、すっきりしたわー。
さあてと、切り替えて山形をやっつけましょう!
ああー、夏休み山形ツアーは夢と消えたけど、TVの前で米沢牛食べてやろーかな。
うーむ、大散財か?!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

青鬼&赤鬼
FC東京を応援するミーハーコンビ
リンク
にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード